交通事故対応

交通事故治療は窓口負担金0で治療が出来ます。

万が一交通事故に遭ってしまった時は、その後の治療をすぐに開始する事が後遺症を残さないためにも大切です。かと言って整形外科に行っても薬と湿布を渡されて終わり…え?こんなもん??と思った方は接骨院での治療がお勧めです。

手技を基本として、しっかりとダメージを負った筋肉をほぐし、早期回復に向けて適切な治療を行います。また、毎日通う事も可能です。

今痛くなくとも、とにかく病院へ

事故というのは、人間にとって非日常の現象です。

そのため、事故に遭遇した直後というのは、神経が興奮しており痛みの感覚がいつもより

も鈍くなっています。

事故の痛みは後々、冷静になった時に急に襲ってくることがほとんどです。

示談成立後は保険が使えなくなる

仮にもらい事故だった場合、示談が成立した後は相手に治療代を請求することができません。そうなってから痛みや吐き気めまいなどの自覚症状が出てきても自身の保険で対応するしかなくなってしまいます。

1に警察、2に病院。必ず証明書の取得

事故を起こしてしまっても、起こされてしまってもまずは警察に連絡を入れ、

必ず交通事故証明書を取得するようにしましょう。またもらい事故の場合は相手方の名前、住所、連絡先と保険会社を確認するようにします。もし可能なら相手方の車のナンバーと車種、色を撮影し記録しておきます。

 

交通事故証明は保険を使う際に必ず必要になります。

 

そしてその時痛くなくても必ず病院へ行き、検査を受けましょう。先にも書いた通り事故直後というのは神経が興奮しており、少々の痛みであれば感じなくなっています。

病院へ行ったら、必ず診断書を発行してもらうようにします。

これで自賠責保険による治療費請求が可能になります。

 

今後の治療を接骨院で行う旨を医師に相談し、接骨院で治療できる範囲(むち打ちなど)で医師の許可が得られれば、接骨院で治療が出来ます。

あとは治療に専念。早期回復にむけて全力で施術します。