産後骨盤ケア

産後に体調を崩す理由は諸説ありますが、一般的には出産によるホルモンの急激な減少や授乳中の毒素のため込み、睡眠不足などが原因だといわれています。

特に授乳中は、まだ自分で毒素を分解、排出する力が弱い赤ちゃんのために、なるべく毒素を自身の体内に溜めこんで、毒素が少ない状態で、赤ちゃんに栄養を届けようとする作用が働きます。そのため体内には余計毒素が溜まりやすく血行不良へと繋がってしまいます。

 

体型の変化においても、恥骨痛に始まり、内面の不調とは別に身体的な不調や症状に見舞われる事も多くあります。

妊娠中の筋力低下

恥骨は骨盤周りの骨格において、軟骨で構成された骨です。出産の際は恥骨も開きます。

出産後に時間をかけて元の位置に戻りますが、その際長い期間、痛みが続くことがあります。あまりにも痛みが強い期間は矯正施術はお勧めできません。

痛みが強い場合はまず医師の診察と処置を受けて、痛みが落ち着くのを待ってから矯正施術を受ける事をお勧めします。

妊娠の時期は大切な時期でもあります。その間安静にしなくてはならない期間がありますが、人の筋肉というのは動かなければ動かないだけ低下していきます。

 

また、元の筋力がどの程度あるかによっても、妊娠中から出産後の体型変化に影響を及ぼします。

 

出産後の体形変化は主に出産時に開いた骨盤が元に戻らず、開いたままの状態になりそこに姿勢の歪みも加わる事によって引き起こります。

 

また体調不良も、普段よりも毒素が溜まりやすい状況の中で血行不良が続きやすい体質になっています。

 

ですが、それは筋力が無かったら…の話。出産で消耗した身体をしっかりケアしてあげれば

酷い体調不良を抱えたまま育児をする必要はありません。

 

骨格と筋肉の両方を矯正する産後ケア

安心のキッズルームあり

産後ケアで一番悩ましいのが、お子様を手放せない。という悩みだと思います。

当院では、キッズルームを併設しており乳幼児でも患者様の承諾があれば施術中こちらでお預かりする事も可能です。その際はお気軽にお申し付けください。